カニエ・ウェストはクイーンの死を利用してすべての恨みを「解放」します

カニエ・ウェストは敵を名前で呼び、反目は終わったと主張する.